『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)


真田です(*^^*)

今日は中国のある村のお話しようと思います。


ずいぶん昔の話ですが、その中国のとある村には1人の天才少年がいました。

その天才ぶりから周りの人々から尊敬をされていたのですが、ある日その少年は1人のある友人から、


「隣村の山に住む仙人様にはかなわない」
と言われたのです
そう言われた天才少年はとても悔しかったのでしょう。
山で小鳥のヒナを見つけ、友人を集めてこう言いました。


「今から、この小鳥のヒナを持って仙人のところに行く」
そう、自分の方が賢いことを証明するために仙人のところへ行こうと言い出したんです。


すると友人が「行って何をするんだ?」と聞くと、天才少年は「仙人を打ち負かしてやる」と言い友人も「どうやって?」と返します。


すると天才少年は、「ヒナを両手で隠して、仙人に『手の中のヒナは生きてるでしょうか?死んでるでしょうか?』って聞くんだよ。仙人が『死んでる』って言ったら、『生きてるよ』って言って見せてやる」と言いました。


そこで友人は、「仙人様が『生きてる』って言ったら?」と、天才少年に返すと、「俺の手の中で、こっそり親指でヒナのクビをギュッとやれば、5秒で死んじゃうだろ。そして、『死んでるよ』って見せてやる」そう返したのです。


すると友人も、「なるほど、仙人様はどっちを答えても不正解になっちゃうのか。やっぱりお前は天才だ」
と、改めて天才少年に感心したところで一同は隣村の山の仙人のところまで行きました。


そして仙人を前に天才少年は小鳥のヒナを手に隠し、勝ち誇ったような顔をして言います。


「仙人様、僕の手の中のヒナは生きてるでしょうか?死んでるでしょうか?」


すると仙人は、


「少年よ、その答えは君の手が握っている」
と、すべてを見透かした顔でニコッと笑って答えたのです。



この話、何が言いたいかわかりますか?

自分の人生で何を実現するか?
自分の目の前の人とどんな関係を築くか?
自分が今どんな気分になるか?


つまり、人生の鍵は自分自身が握っているということなのです。


自分自身の行く末は自分の判断で決まる。


いえ、決めないといけないわけです。


そしてその答えは、あなた自身が握っているのですね。


自分の人生、良くも悪くもあなた次第で決まるのです。


あなたは今からどういう風に生きていきたいでしょうか?
もう具体的に決まっているなら、それが自分の進みたい道です。

答えが出て進むべき方向も決まっているのなら、その道に向かって進めばいいのです。


そうすれば、そこに必ず正解が待っているのですから。


さぁ、善は急げ。

今から行動してみましょう。

それでは真田でした(*^^*)!


インターネットビジネスの歩き方

真田への質問やブログでは明かさない会員限定の情報を覗いてみたい方は
ミリオネア情報配信クラブ(真田)
友だち追加

LINE登録をお願いします(^_^)

一斉配信はあまりしませんが(今は月に5、6回くらい?)、本気でネットビジネスで稼いでみたいと考えている人のみ登録して下さい。

ネットビジネスで月5千円以上稼いでいる人は全体の5%だとか言われていますがそんなの絶対嘘ですよ!