『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)


真田です(*^^*)

皆様は本を読みますか?

唐突にすいません。


真田は昔は活字が苦手だったのですが、本を無理して読むようにしてからはすらすらと読めるまでになりました。


どうして本の話をしているかというと、今回お話する内容の中で「本を読む」という行為がとても重要で必要な事だという事を理解してもらいたくて質問させて頂きました。


マイクロソフトの創業者でビル・ゲイツはご存知でしょうか。


「あなたが一番欲しい能力は何ですか?」という質問に「本をものすごいスピードで読む力」と答えたのは有名な話です。


ビル・ゲイツをはじめとした成功者と呼ばれる人たちは、普段触れる情報の質と量がいかに自分の人生に大きな変化を与えるかを知り、常々実践しているという事実があります。


本を読むという行為は情報収集の一つとしても利用出来る内容と理解しているわけですね。


では、もし情報収集力が現在の10倍になったらどのような変化が起きるでしょうか?


まず、行動する時間と試行回数が劇的に増えることになります。
また、情報収集能力を高めることによって分析や思考、決断する能力も引き上げられます。


その結果、設定した目標を達成する可能性が増え、なりたい理想の自分になる自己実現力も高まるという事になります。


しかし現実的には情報収集力が現在の10倍にすること自体難しいと考えるでしょう。


ですが、本を読む力を鍛えるということは実際に可能なことです。


無理してでも読むという行為を続けていけば、必ず本を読む集中力やスピードと読解力も高まります。


ひいては仕事の売上が過去最高を記録したり、何度も落ち続けていた試験に合格したりなど、様々な目標を達成する事に繋がるのです。


これは仕事だけではなく、プライベートなところでも力が発揮されます。


そうは言っても活字が苦手だし、本を読むことを好きと思わない人は多く、本一冊読む前に挫折してしまう人も多いとおもいます。


どうして本を一冊読むことが出来ないのか?
もちろん、読み切れないのには理由があります。


そもそも、人間は基本的に忘れる生き物です。


これは有名な実験結果でも分かっている事ですが、人は一つのことを20分で42%忘れ、1日経つと74%を忘れていると言われています。


本を読んだりセミナーを受けたりしても、その日は高いモチベーションに包まれるのに、翌日になると一気に冷めているいうのは誰もが経験している事ではないでしょうか?


根気と近い部分もありますが、何かをしようと行動してみたものの、長く続けることが出来ないのも人間の性なのかもしれません。


ではどうすればいいか?


本を読む時は「読む」という根本的な行為から少し離れて、スピード重視で読むことを心がければ、読むスピードは速くなり、更には理解力や集中力も高まるようになります。


これは本を読むという行為だけではなく、様々な用途でも応用する事が可能です。


何かをしなければいけない時などに長く続かない事があった場合は、違う角度から進めていけばいいのです。


簡単に説明すると、


あなたは英語を話せるようになりたいと思っていたとします。
まず初めにすることとしては、英語の教本を買ったり英会話教室に行ったりするのが普通ですよね?


しかしそれを、長く続く人はあまりいないと思います。


そういう時は角度を変えて、外国人が多くいるバーに行ったり、外国人が良く素泊まりしてるシェアハウスに泊まったりするのです。


これだけで英会話教室に行くよりも格段に英語力は身に付きます。


何かに困ったら角度を変える。


そして実践してみることを続けていけば、どんな事でも今よりも2倍、3倍、10倍といったように深くその物事を理解する事が可能になります。


物事を深く理解すれば、それだけその分野でプロに近づけるという事なのです。

それでは真田でした(*^^*)!


インターネットビジネスの歩き方

真田への質問やブログでは明かさない会員限定の情報を覗いてみたい方は
ミリオネア情報配信クラブ(真田)
友だち追加

LINE登録をお願いします(^_^)

一斉配信はあまりしませんが(今は月に5、6回くらい?)、本気でネットビジネスで稼いでみたいと考えている人のみ登録して下さい。

ネットビジネスで月5千円以上稼いでいる人は全体の5%だとか言われていますがそんなの絶対嘘ですよ!