これがXMなのですが、海外口座は日本の証券会社ではありえないことです。

少額から億万長者になるためには高レバレッジによる取引が必要です。
なせかと言うと、資産の何倍もの資金を取引することにより何十倍もの大勝が出来るからです。


5万円ほどの資金が1日で20万や30万になる事はざらにあります。








上に貼った画像は、5万円や7万円が100万円とか26万円になっているという事なのです。それもここに貼った画像は1日でです。


最初に貼ってるのは100万円ですが、1日で(1回のエントリートレードで)20万や30万くらい勝つ事なんて、本当に5万円くらいの資金でもいくらでもあるのでいちいちそんな画像スクショ保存していなかったのですが、またそういう事があったら保存してここに何枚か追記して貼り付けておきます。


しかしそう言うとマイナス思考の人は、
「逆にそれと同じ額だけ負ける事もあるんでしょう?」と言う人がいます。


そうなる人は、それだけの資金を入金していて、さらにエントリーポジションが逆行してもいつまでもずっと最後まで損切りをしない人です。


損切り設定しなければレバレッジの低い国内口座より早くに資金がゼロになることがもちろんありますが、トレードする度にキチンと損切りを設定すれば資金が全部一回で無くなるなんて事にはなりません。


それに仮に資金が無くなっても追証は無しなので、ゼロ以下になることはないから逆にリスクが少ないのです。(つまり、勝つ時は大きく爆勝ちして、負ける時は少しだけという形)


入出金もスムーズですし、いつでも日本人スタッフのサポートが付いているので困ることもありません。




高レバレッジの取引ができて安心な海外口座は真田はXM証券をお勧めします。安心というのは何故なのかと言えば、日本人が1番使っている海外証券口座がXMだからです。




しかもXMは複数の口座を持つ事が出来るので、真田のように2つ3つと口座を作っておいて、トレードする方に小額だけを入れてそちらでトレードする。無くなればまたそっちに小額のトレード資金を入れてトレードする。という具合にする事も出来ます。


そしてXM証券で取引する最大のメリットはXMのクレジットボーナスです。


これも激アツなのです。


入金した額に応じて、クレジットボーナスと言ってトレードに使える軍資金が貰えるのです。その資金で勝つと普通に残金としてカウントされます。




また、トレードを重ねていくとロイヤリティポイントといってXMPというポイントが貰えて、これがクレジットボーナスや現金の残金に反映する事が出来ます。

このロイヤリティポイント(XMP)はトレードで勝とうが負けようが関係無くトレードする毎に結構多く貰えるので、いつの間にかむちゃくちゃ貯まっているのでびっくりしますよ(笑)




以下のリンクからXMを登録して、真田と一緒に情報交換やああだこうだと雑談などもしながらトレードしてみませんか?


追証一切無しの海外取引口座XM


ここからリアル口座を登録すると真田が普段使っている真田のロジックを纏めたファイルをプレゼントします。
内容はこれです↓


真田のトレード手法を纏めたnote




記入方法は





住居国は日本、言語は日本語として、
電話番号なのですが
+81というのは国番号で、日本を示すものです。携帯番号の場合は最初の0を+81に置き換えて入力します。
つまり、
090-××××-□□□□ ⇒ +8190××××□□□□ このように入力します。


取引プラットフォームはMT4、口座タイプはスタンダードに設定したら真田と同じ取引レバレッジで出来ます。





次のステップに住所を外国語表記で記入しないといけないフォームがありますがそれは
日本の住所を外国語表記に変換
このアプリで簡単に変換出来ますのでそれをコピペして貼ればいいです。



もし、「こんな取引所あったんだ?!XM熱いやん!」って思ったら是非やってみましょう。もう一度言っておきますがくれぐれも、損切りのラインは絶対に決めてやってくださいよ!それさえ出来たら何も怖い物はありません。


先に書いた上のリンクから登録してくれたらシステム上真田にも伝わるようになっていますのでご連絡下さい。確認後、真田の特典(勝率の高いエントリーポイントを纏めたファイル)をプレゼントします。
何か質問などあればそれも連絡下さい(^^)


メール
sanadalv301@yahoo.co.jp
ライン
https://lin.ee/2y9Q2JAY1




損切りのポイントをどこに置くのか基準として考えて欲しい考え方の記事は
損切りポイントの決め方の考え方を書いた記事




【リスクについて】
ここで書かれた内容について、著者(真田)と同じような利益が出ることを必ずしも保証するものではありません。FXは価格変動リスクを伴うため、場合によっては損失を被る可能性があります。

【著作権について】
この記事に書かれた内容は無断で引用や転載は固く禁じます。