真田です(*^^*)

皆様は最初、失敗していますか?


「してますよー!」
なんて返事は返ってこないと思いますが、成功の反意語は失敗です。
言葉の理屈上、「成功できなければ失敗」で「失敗しなかったら成功」ってことになります。


ちなみに【失敗】と辞書を引くと、このように出ます。

・やりそこなうこと
・目的を果たせないこと。
・予期した効果をあげられないこと



この意味だけそのまま解釈するなら、それほどネガティブに感じませんよね?
成功という言葉は、凄く輝いて感じるため、失敗という言葉も、より重く受け止めてしまう傾向にあるようです。
辞書を引くだけの意味合いなら、真田は毎日失敗だらけですけどね。


今日、20時に始まる見たいと思っていたテレビがその時間に帰れず見れませんでした。
目的を果たせなかったので、失敗です。


失敗の大小の話をしているとキリがないため「やっちゃったな~」と頭を抱えてしまうような失敗をしたときの良い方法をお教えしますね!


「やっちゃったな~」という失敗の際、大きくわけて3つの思考パターンにわかれます。


1、失敗した自分が情けない。(自分で自分を許せない)

2、周りの人の評価が怖い。(周りから変な目で見られる恐怖)

3、失敗を何度も繰り返しイメージしてしまう。(頭に刷り込ませてしまう)


どれか思い当たる節がありませんか?
人間の当たり前の心理ですから、真田は非常によく理解できます。


よほど小さい頃から特別な環境で育ってきていない限りは3つのどれか、もしくは複数の感情を持ってしまうものです。
これは、自分自身でメンタルチェンジ(意識改革)をしない限り、その思考パターンを変えることはできません。


ではどのようにすればよいか?


失敗から立ち直るためには、失敗したという事実に対するとらえ方を変えるのです。
簡単に言うと、前向きに考える癖をつけるようにするのです。


失敗は大きな財産です


誰かがこのように言っているのを一度は耳にしたことがあるでしょう。真田は小さい頃学校の先生に言われた記憶があります。


でも本当にその通りなのです。
「失敗は成功のもと」ってことわざもありますが、これ、実はちょっと重い言葉です。


「いずれ成功するための失敗」と考えると、失敗を繰り返して良いのだ、という変な癖がついてしまう場合があります。


ですから、
『大きな失敗を防ぐための良い経験(失敗)をした』と思うようにすると気が楽になりませんか?
もっと大きな失敗を想像してみて、それに比べたら、と思うようになるあなたがいると思います。


人間ですから、誰でも失敗はします。
大切なのは、失敗したときの自分自身の対処方法と、同じ失敗を繰り返さないための努力です。


今日は失敗したときの対処方法についてお話しました。

明日こそ、見たいテレビを見逃さないようにスケジュール通りに行動し、万が一に備えて録画をしようと思います(*^^*)


それでは真田でした(*^^*)

『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)


真田への質問や真田の情報で稼げるようになった状況報告等は、
lv301_0909@yahoo.co.jp
へお願いいたします(*^^*)


真田がごくたまに配信する仮想通貨の正しい情報やFX、バイナリーオプションや他ネットビジネスのオススメ案件のLINE@の登録は
ミリオネア情報配信クラブ(真田)
友だち追加


となっています。一方的な配信だけでなく、まだまだ人数も少ないのでコミュニケーションを大事にしたいと考えております。よければ今の内に登録をしてみて下さい(*^^*)(いつでもブロックも可能です)