2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、様々な仮想通貨が数十倍から数百倍に価値を高めた年となりました。
仮想通貨取引を行い1億円以上稼ぎ出した人(億り人)が世の中500人以上生まれたと言われています。


それでは2018年以降、仮想通貨取引で莫大な利益をあげることができないのかと言いますと答えはNoでしょう。


今からでも仮想通貨取引を行うメリットは十分あります。
むしろ、2018年以降から仮想通貨が世の中に順応し、より価値のある通貨へ変貌する可能性が高いのです。


今回はこれから仮想通貨取引を行うことを考えている向けに、取引を行う上での着眼点を書いていきます。


仮想通貨取引を行う上での着眼点は以下の3点になります。



1、板情報を駆使することにより相場の強さを知ることができる

 
まず、仮想通貨取引を行うのに重要な情報は「板情報」です。
仮想通貨取引はFXとは異なり、株と同じように「目」に見える板情報があります。
この板情報を見ることにより、どの値段にどれくらいの売り注文・買い注文が入っているのかわかるのです。


この板情報を駆使して取引を行うことが仮想通貨取引で勝ち残っていくためには必要不可欠なのです。
板情報を正確に読み取ることができればその時々にタイムリーで、買い注文が強いのか、それとも売り注文が強いのか知ることができるのです。



2、チャートの動きを見ることにより相場の方向性を知ることができる。

 

株やFXでもおなじみの「チャート」も仮想通貨取引を行う上では重要になります。
チャートを見ることにより、過去にどのような動きをし現在に至るのかを知ることができます。


そして、相場にはトレンド(流れ)がありますので、チャートを見ることによりトレンドを知ることができるのです。


例えば、毎日上がり続けているチャートであれば、これからも上がる可能性が高くなります。
例外として、利益確定の売りや、後に紹介する外的ニュースにより急激にトレンドが変化する可能性もありますが、トレンドはそれが無ければ原則継続するものと考えてください。

トレンド相場の基本は「順張り」です。
流れに逆らうことなく、流れに乗ることによって利益を伸ばすことができます。



3、外的ニュースの情報を知る。

 
外的ニュースと言われても、ピンとこない方がほとんどだと思います。
この外的ニュースというものは、FXで例えるなら「経済指標」であり、株で例えるなら「IR(インベスター・リレーションズ)」となります。


簡単にシンプルに言うと仮想通貨にとって悪いニュースが流れれば相場は下落しますし、良いニュースであれば上昇します。


しかし、いつニュースが流れるかなんて普通の人にはわかりませんし、その内容が本当に相場に影響を及ぼすのかもわかりません。


仮想通貨取引をこれから始めようと考えている方は③の項目については、良さそうなニュースがあったとか悪そうなニュースがあった等、漠然とした情報だけでいいでしょう。
相場に動きがあるニュースであれば全て板情報とチャートに現れますので、仮想通貨取引を初めて行う方はニュースの内容はそこまで把握しなくても大丈夫です。必要以上に気にしてもそのニュース内容が何も影響しなかったなんて事もよくあります。


以上3点に着目し、取引を行うことが仮想通貨取引を行い、勝つためには必要な要素になります。


閲覧ありがとうございました!真田でした(*^^*)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



真田への質問や真田の情報で稼げた状況報告等は、
lv301_0909@yahoo.co.jp
までお願いいたします(*^^*)


真田がごくたまに配信する仮想通貨の情報やFX、バイナリーオプション等のオススメ案件のLINE@の登録は、

ミリオネア情報配信クラブ(真田)

友だち追加
となっていますので良ければ登録お願いします。