今日は想通貨の今後の可能性について書いていきます(*^^*)

2017年は仮想通貨元年といわれるように、ビットコインをはじめとする数多くの仮想通貨が急騰した年になりました。

それでは、2018年度以降仮想通貨の可能性について説明していきます。


現在、世界には推定2000以上種類の仮想通貨があるといわれています。

この中で、ビットコイン等世界中で注目される仮想通貨もあれば、日の目を見ることなく価値が無くなっていった仮想通貨もあります。

しかし2017年が仮想通貨『元年』と言われているように、2018年以降に更に仮想通貨の価値が高まる可能性は非常に高いです。

その理由については大きく以下の2点が挙げられます。

まず1つ目は、日本国内の動きとして、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行等をはじめの大手メガバンクや地方銀行等も独自の仮想通貨を発行する予定であることが挙げられます。

更に、海外の動きとしても英中央銀行がビットコインの対抗馬となる仮想通貨発行の研究を行っていること等もあります。


2018年は各国の金融機関が仮想通貨に参入する可能性を大きく秘めていることにより、これまで心配されていた安全性についてもクリアすることができるのです。




2つ目については、仮想通貨がまだ発展途上であることです。

未だに数多くの仮想通貨の価値が数十倍に跳ね上がったとニュースで取り上げられており、成長する可能性を秘めている仮想通貨が世の中に大量に溢れています。
当然その中には今のビットコインのように、世界中から注目され今後価値を高めていく可能性を秘めている仮想通貨も存在すると考えられるのです




そして3つ目に資産運用として注目されていることです。

現在の銀行の金利は低金利と言われているように、資金を銀行に預けていてもほとんどの利息が付かない状態です。


しかし、ビットコインを始めとする仮想通貨は、1日ごとの値動きで見ると上下していますが、長期的な目線で見ると右肩上がりです。

銀行に貯金しているよりも仮想通貨を購入しているほうが元本割れのリスクはありますが、効率良く資産を運用していくには適しているのです。




結論として、仮想通貨は今後もまだまだ発展途上の通貨と言えますので、今からでも仮想通貨を購入することにより、資産運用の面および、ICO案件を含め価値が大きく上がる通貨を引くことができた場合、莫大な利益を得られる可能性は十分にあります。

現状、一番の不安要素である仮想通貨の安全性については、日本国内・海外の取引所に上場している仮想通貨に関しては一定の安全性が保障されています。


仮想通貨のゴールドラッシュはまだ始まったばかりなので、今は価値の少ない仮想通貨も数年後には、何十倍、何百倍と価値が跳ね上がっている可能性を十分に秘めています(*^^*)


真田は2018年仮想通貨は投資価値としてまだまだこれから伸びていく市場だと思っています。

閲覧ありがとうございました!真田でした(*^^*)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



真田への質問や真田の情報で稼げた状況報告等は、
lv301_0909@yahoo.co.jp
へお願いいたします(*^^*)


真田がごくたまに配信する仮想通貨の情報やFX、バイナリーオプション等のオススメ案件のLINE@の登録は

ミリオネア情報配信クラブ(真田)

友だち追加
となっています。
最後まで閲覧ありがとうございました!