今回はFXとバイナリーオプションの違いについて書いていこうと思います(*^^*)


FXとバイナリーオプションというのは、常に変化する為替相場の動きを予想して投資をする金融商品であるという点では共通するものがありますよね。

しかし実際には、全く違う金融商品として捉えた方がいいです。


以下に③点、FXとバイナリーオプションの違いについて挙げていきます。

①、取引時間の違い
②、軍資金額の違い
③、限定損失と無限損失



ここで各項目別に説明していきます。


①の取引時間の違いについて。
FX・バイナリーオプションともに自分でポジションを取ることは共通していますが、バイナリーオプションの場合は、ポジションを取った瞬間からすでに決済する期限が決まっているため、期限到達時に自動的に強制清算されます。


しかしFXの場合は、原則として自分で取ったポジションを好きなタイミングで自らの意思で手仕舞い(決済)することができます。
例外としては損失が膨大になると強制ロスカット(強制決済)を食らってしまいます。

FXで強制ロスカットを食らわないためには、損切りのトレードルール決めて守っていくことが重要となります。
バイナリーオプションではポジションを持った瞬間に決済期限が決まっているため、強制ロスカットという概念はありませんがポジションの購入金額を決めておくことは必要になります。


次に、②の軍資金の違いについて。
FXとバイナリーオプションでは軍資金の違いもあります。
FXの場合は軍資金として、一般的に10万円以上の資金が必要となってきます。
しかしバイナリーオプションの場合は、千円位から購入できることが多いです。
FXは軍資金がある方のほうが向いていますが、バイナリーオプションの場合、軍資金が少ない方も投資することができる金融商品なのです。

③の限定損失(限定利益)と無限損失(無限利益)について。
この限定損失(限定利益)と無限損失(無限利益)とは、例えば10万円をバイナリーオプションで購入した場合、負けても損失は10万円が限度(限定損失)なのですが、FXの場合、急激な相場変動の10万円以上の損失(無限損失)が発生してしまう可能性があります。
逆に勝った場合はバイナリーオプションの場合、業者によってペイアウト率は違うのですが、一般的に掛けた金額の1、7倍位〜2倍位までの限定利益があります。FXの場合は利益を確定させるまで無限に利益があります。


FXとバイナリーオプションを比較すると、FXのほうが自らの裁量によって利益(利確)・損失(損切り)を確定させるため、資金管理が難しいですが、バイナリーオプションは損失・利益が限定されていますので、資金管理はしやすいです。

真田がFXよりバイナリーオプションをメインに取引しているのはその理由からです。


バイナリーオプションの場合は、自分がその後の相場が上がるか下がるかを予測してエントリーしたポジションから、ほんの少しでも値が上がる(もしくは値が下がる)かを2卓で当てるだけでもう1、7〜2倍の利益があるのです。


ここまでFXとバイナリーオプションの違いを書いてきましたが、自分に合った方を選んでエントリーする事が大事です。
真田でした(*^^*)




Japanese all-rounder


真田への質問や真田の情報で稼げるようになった状況報告等は、
lv301_0909@yahoo.co.jp
へお願いいたします(*^^*)

また、真田がごくたまに配信するFXやバイナリーオプション、仮想通貨等のオススメ案件のLINE@の登録は

ミリオネア情報配信クラブ(真田)

友だち追加
となっていますので良ければご登録をお願いします!