今日はFX取引における損切の重要性について書いていこうと思います。


FX取引を行う場合においてとても重要な考え方があります。
損切といわれるものです。


損切というのは将来起こる可能性のある損失の拡大を防ぎ、資金の拘束を解消し、更なる投資の機会を増やすことができます。
更に今後拡大する恐れのあるマイナスのポジションを抱え続けることによる精神的プレッシャーを無くすこともできます。


FXを行う上ですべての取引を勝ち続けることは不可能です。

この損切を上手くできるかどうかによって、相場の世界から退場することなく長く居続ける事ができるかどうかの重要な要素になります。


真田もそうですが、正直損切というのは損失を確定させる行為ですので抵抗があると思います。


しかし損切をしないことにより、含み損が拡大し強制ロスカットされる恐れや、安値になりすぎて今更損切りするに出来ないという塩漬け状態(塩漬け状態とは、実質的な資金凍結状態。半退場状態です)になっしまう恐れがあるのです。


FXはレバレッジ取引がありますので、自分の持っている資金の何倍ものトレードをする事が出来ます。


含み損を放置して「いつかはプラス益になるだろう」と根拠も無く楽観的に、ポジションを放置していると損失が拡大した際に自らのより首を絞めることになります。


そして更に拡大した損失を見ると心理的に損切りすることをためらってしまい、最終的には先ほど書きましたが強制ロスカットされるか塩漬けになるまで持ち続ける事になる可能性があります。
そうなると、「あの時損切しておけばよかった」と後悔する事になります。



しかし逆に、損切りをした瞬間に盛り返し、持っていればプラス益になっていたという事も相場の世界では結構あります。


はっきり言いますがその流れからプラス益になった時は運が良かっただけです。


何故なら、その自分が持ったポジションが思惑と逆をいった時点で、その後はもう運だけに頼っている状態なのですから。


相場の世界で「あの時、○○していればよかった」なんてことを考える事は禁物です。
すべて、論理的ルールに基づき取引を行うことが、相場の世界で長く生き残るためには重要になってくるのです。


では損切をするためには一体どのようにすればよいのかですが、やり方は簡単です。



ポジションを持つ前に、そのポジションの損切価格を決めておくことです。
これは必ずそうしておかなければいけません。



思惑通りに相場が動いている場合、予め設定している損失価格に届くことはありません。
損失価格に届くということは、自分の目論見が誤っていると冷静に分析し損失を限定的にするのです。


もう一度言いますが、FXを行う上で全ての取引を勝ち続ける事は不可能なのですから。



閲覧ありがとうございました!真田でした(*^^*)

FXを始めるならDMMFXです。電話でのサポート対応24時間、全ての取引がスマホに対応しており、今なら最大2万円キャッシュバックされます。




真田への質問や真田の情報で稼げるようになった状況報告等は、
lv301_0909@yahoo.co.jp
へお願いいたします(*^^*)

また、真田がごくたまに配信するFXやバイナリーオプション、仮想通貨等のオススメ案件のLINE@の登録は

ミリオネア情報配信クラブ(真田)

友だち追加
となっていますので良ければご登録をお願いします!